2010年06月29日

普及促進されるオール電化住宅とは?

オール電化住宅( -でんかじゅうたく)、調理、給湯、空調(冷暖房)システムを、すべて電気によって調達住宅。 オール電化住宅は、家庭でのすべてのエネルギーを電気に統一された住宅である。反対語はウィズガス住宅がある。 使用される電気機器は、主に以下のとおりです。その他の電力消費量を減らす目的で発電用に太陽電池を設置する場合もある。 給湯:エコキュートまたは電気温水器 調理:IH炊飯器(またはラジエントヒーター) 冷暖房:エアコン、蓄熱式電気暖房器や床暖房システム(電気式、PTC式、蓄熱式やヒートポンプ温水式)などの組み合わせ。この装置は、100ボルトの電気では能力不足であるため、一般的に200ボルトを使用する。 1980年代後半からのモデルの展示が行われている。 1990年の時間帯別電灯料金制度が導入された。また、IHクッキングヒーターとエコキュートが登場した。 排気を出さないことによって、住宅の高気密化が進む昨今においては、ガス石油を室内で使用されていないのが"安全""クリーン"で、今年の電気設備、オール電化住宅の販売を行っている。火災の危険が少ない利点は、住宅ローン金利優遇する金融機関や、火災保険の割引を保険会社がある。また、フォームの際に一部分のみを電化機器に置き換えるポイント電化の場合もある。 火災を嫌っている賃貸住宅などに多く採用されている。 ガス業界は、"住まいの原点は「洞窟と火」"、"火を使用しない場合は、火の恐ろしさ、イメージすることすら知らない子供が出ている場合は、それも恐ろしい。"と安全性を逆手に取ったPR戦略をとっている。 一戸建て住宅では、2007年度から優秀と認められたオール電化住宅を表彰する"ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック"という表彰制度が創設され、オール電化住宅の普及促進に拍車をかけている(第1回の対象は、一条工務店とスウェーデンハウス)。
posted by sara85648 at 14:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。