2010年07月06日

環境共生住宅で暮らしながらエコ

木を主力に扱っているポラスは、温暖化対策と森林経営にも積極的に参加しています。環境保全活動を通じて、地球環境への負荷がかからない、そして住んでいる人々が家を便利な場所に感じ、末永く愛することができるように、心を込めて作成するができます。地球環境を守ることは非常に重要なことを知っていても、個人レベルでできることは限られたものです。 環境共生住宅に住んでいる地域の勧誘は、まさに"暮らしながら、環境保全に貢献することができる"と言うことができます。生活の中で環境に優しい活動をしながら、環境共生住宅に住んでいる地域が最高の贅沢な住宅と言えるでしょう。 今回は、環境共生住宅の2方便紹介します。この機会に現地に訪問してください。 "環境共生住宅"という言葉を聞いて皆さんはどのような家を想像していますか? "環境にやさしい家ですよね?"という声が聞こえてきたのですが、単に環境に優しいだけではありません。環境あまりにも人が住んでいるに快適できないか、逆にリラックスだけが最初に、環境に負荷がかかる場合は、本来の意味での"環境共生"には適用されません。 地球環境を保全する観点から、エネルギー資源廃棄物などの面で十分な配慮がまた周辺の自然環境と親密に美しく調和を住み手が主体的に関係しながら、住む人々がより健康で快適に生活できるように設計された住宅まさに、"環境共生住宅"です。 景気対策として、昨年から導入されているエコポイントが拡大され、住宅に適用される複数されています。
posted by sara85648 at 16:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。