2010年07月08日

どんなキッチンが好みですか?

日本の伝統家屋の台所。江戸時代後期、比較的大規模な民家を見る。中央が土間、左側に窯(竈)が並んでいる。加熱調理器の発展定着型の民族で行われた。燃料となる木は、都市から多くの場合、高価であり、熱利用の効率性が要求された。かまどは熱を効果的に使用することができる。しかし、携帯は不可能で、遊牧民族の間で流行した。また、火力調節が難しくて、ストーブのように、炎の料理方法も、一方で進行された。炉の炉に要求される機能が異なるため、両方が存在する場合もあり、製造する手間とスペースの無駄を削減するため、時代と場所によっては片側のみに存在することもできる。 台所のスペースを洗う作業をするためには、排水施設が必要であり、都市レベルの優れた土木技術が必要だった。そのため、古くから水道を導入している国、地域が限られていた。古代ローマのローマ水道のことは、使用料を支払えば、誰でも台所に首都を引き込むことができる。このような場合は稀で、ほとんどの場合、洗浄作業は井戸周りや川で行われた。室内の台所空間で、最小限の流しが使用された。いずれにせよ、台所のスペースは、健康を維持するために、その底に防水性に優れたものが必要があった。土間のスペースは、その要求を満たすことができる。 近代に入り、下水になると、台所のスペースに水道が入っていた。シンクは、石、コンクリート、人造石研ぎ出し、トタン、ステンレス溶接溶接と発展したが、常に湿気を持つシンクは、不衛生が容易だった。戦後日本の台所空間の不衛生を払拭するために、工場の生産プレスステンレス式のシンク(KJ流し)が近代的な公団住宅の土台に使われた。プレスされたシンクは漏れることなく、下水設備への接続を可能にした。機能別のセクションに分割されたセクショナルキッチンはシンクサイズの標準化(モジュール化)にも寄与した。また、個々の生産されているシステムキッチンの円が製品として登場し、利用者のニーズを広く導入した結果セクショナルキッチンに代わる流し台に広く普及して今日に至っている。
posted by sara85648 at 18:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。